春のドラマ&アニメ

春のドラマ:
NCIS 7            (トニーが余計なことをする感)
キャッスル 7        (キャッスルだけ歳を取らない感)
エレメンタリー 4(終)    (ジョーンがたくましくなった感)
メンタリスト 4         (ジェーンがよく元に戻った感)
チャック 2            (あれでよく店が成り立つ感)
殺人を無罪にする方法 3   (もはや誰が誰を殺してもアリ感)
エージェント・オブ・シールド 4 (シモンズに活躍してほしい感)
インヒューマンズ(終)      (無理に話を終わらせた感)
ナイト・マネジャー        (影と陰のかっこよさ感)
クイーン・メアリー 3       (カトリーヌは信用しちゃいかん感)
執事 西園寺の名推理      (3分いらないのか感)
未解決の女 警視庁文書捜査官 (ツンデレ凸凹コンビ感)
正義のセ              (思わず応援しちゃう感)
コンフィデンスマンJP      (騙されたくなる感)
デイジーラック          (中川翔子が出てるから感)

春のアニメ:
ダーリン・イン・ザ・フランキス   (中島美嘉のビデオがエロい感)
BEATLESS                (妹会議が一番の見どころ感)
刀使ノ巫女               (あれで胎動編とは感)
重神機パンドーラ            (アクエリオンの匂い感)
フルメタル・パニック Invisible Victory (前から間があきすぎ感)
ひそねとまそたん            (戦闘機の変形が無理あり感)
銀河英雄伝説 Die Neue These   (昔見てたけど忘れてる感)
宇宙戦艦ティラミス          (30分だったら見てない感)
シュタインズ・ゲート ゼロ      (研究所の和光感)
SAOO ガンゲイル・オンライン   (名前が長い感)
レイトン ミステリー探偵社     (期待していいのか感)
ルパン三世 PART5         (今風になりすぎてる感)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NFL閉幕2017-18

 NFLの2017-18シーズンが終わったので、開幕時の予想と比べてみます。

NFC
東 カウボーイズ   2位 →イーグルス
北 パッカーズ    3位 →バイキングス
南 ファルコンズ   3位WC →セインツ
西 ラムズ      ○
WC バイキングス   1位 →パンサーズ
WC イーグルス    1位 →ファルコンズ

 地区優勝は1勝3敗ですが、プレーオフ出場という点では4勝2敗です。パッカーズは、やはりロジャースの怪我が痛かった。カウボーイズは、ショーン・リーとタイロン・スミスの穴を埋められなかったのと、エリオットを巡るゴタゴタですかね。セインツが、ディフェンスをあんなに立て直せるとは思いませんでした。ラムズは、正直ニンマリ。

AFC
東 ペイトリオッツ   ○
北 スティーラーズ   ○
南 タイタンズ     2位WC →ジャガーズ
西 チーフス      ○
WC レイダース     3位 →タイタンズ
WC ビルズ       ○

 地区優勝で3勝1敗、プレーオフで5勝1敗と、よく出来ました。前年3勝のジャガーズは、完全に盲点で、テレビでも最終週まで放送しませんでしたが、プロボウルに守備で6人も出てました。レイダースは、がっかりだったのは私だけではなく、ヘッドコーチ解任でジョン・グルーデンですか。来シーズンが楽しみです。


プレーオフ
 最大のアップセット:ジャガーズがスティーラーズに45点を取って勝利
 最狂のゲームエンド:バイキングスがセインツにラストプレイで逆転勝ち
 最高のタッチダウン:マーカス・マリオタの自投自捕自着地自得点

スーパーボウル
 後半最初のシリーズをタッチダウンで終わらせ、第4クオーターにぴったり逆転してきたペイトリオッツは、予想にたがわぬ強さでした。しかし、アンストッパブルに見えたペイトリオッツ攻撃陣に対して、さらに点をとり続けるイーグルス攻撃陣、なかなか手の届かなかったブレイディに最後にファンブル・フォース&リカバーをやってのけた守備陣、最後の攻撃を9ヤードからに抑えたスペシャルチームと、みんなでよくやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のドラマ&アニメ

冬のドラマ:
NCIS 5       (マクギーの妹サラ、美人すぎ)
キャッスル 6    (科学捜査担当のトリィ・エリスの活躍希望)
エレメンタリー 4  (女の喧嘩は陰湿だねえ)
クワンティコ 2   (結局、またあの人が出てくる腐れ縁)
チャック 2      (彼ってそんなに人望があったのか)
スーパーガール 2   (やっとくっついた)
The Gifted        (お父さん変わり身早すぎ)
クイーン・メアリー 2   (浮気の宝石箱や)
99.9-刑事専門弁護士- 2  (変えたヒロインが生きてない)
アンナチュラル       (ヒロインがもっと強くていいんじゃない)
BG~身辺警護人~     (相変わらずカッコイイ)
ファイナルカット       (テレビ局全員悪人?)
もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~(意外と喜劇だった)

冬のアニメ:
ダーリン・イン・ザ・フランキス(巨乳とでないと叫竜と戦えない変態)
BEATLESS        (ヒロイン美少女すぎでラッキーすぎで羨ましい)
刀使の巫女        (昨日の敵は今日の友がネタバレしてる)
ミイラの飼い方       (最初は興味なかったが意外とかわいい)
ヴァイオレット・エヴァーガーデン (さすがに京アニの作画力)
宇宙より遠い場所      (最初のオープニングからネタバレしてる)
ラーメン大好き小泉さん  (パイナップルラーメンつぶれてるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんもないと賞 2017年

〈作品の部〉

●テレビ・アニメ部門  『ナイツ&マジック』 (TOKYO MX)

 けっこう正統派のファンタジー・ロボットアニメで、やっぱり男のロマンです。

●国内ドラマ部門  『貴族探偵』 (フジテレビ)

 結局、執事&メイド&運転手探偵なわけで、主人公いらないよね。

●海外ドラマ部門  『スコーピオン シーズン3』 (スーパー!ドラマTV)

 今見ていて一番楽しいドラマ。チームに入りたいとは思わないけど。

●ドキュメンタリー部門  『ジオ・ジャパン』 (NHK総合)

 当たるは端だが役に立つ、で日本列島が形作られていったそう。

●バラエティ部門  『ヒストリーズ・ジャパン』 (テレ玉)

 歴史と漫才を融合させた変わり種。こんなのよく作った。

●音楽番組部門  『Anison Days』 (BS11)

 森口博子と酒井ミキオというキャスティングが大当たり。

●歌詞字幕部門  『アニ☆ステ』 (TOKYO MX)

 スタジオLIVEのコーナーで表示される歌詞の字幕が芸術的。

●テレビCM部門  『アキラは横ナシ LiSAは横アリ』

 今年一番のインパクト。LiSAは怖いものなし。

●アルバム部門  『LUNARIUM』 春奈るな

 サイン&宛名入りポスターが当たっちゃったし。

●シングル部門  『ステラブリーズ』 春奈るな

 冴えない彼女の育てかた♭のオープニングも、ミュージックビデオもよい。

●アニメ主題歌部門  『Tiny Tiny』 村川梨衣 「フレームアームズ・ガール」

 あれだけ何度も聞かされれば、耳にインプリントされるよ。

●エンディング・テーマ曲部門 『The way』 Leola 「ワールドスポーツMLB」

 毎日聞いていたら、いつのまにか口ずさんでいた。

〈人の部〉

●主演女優部門  小松菜奈 『スリル!赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿』

 なかなかいない魅力の女刑事だった。正確には、庶務係探偵か。

●主演男優部門  ディーン・フジオカ 『今からあなたを脅迫します』

 一見冷たそうだが、ほんとは悪い人じゃない感がうまく出ていた。

●助演女優部門  小芝風花 『マッサージ探偵ジョー』

 ツインテールが可愛いかった。

●助演男優部門  甲本雅裕 『遺留捜査』

 新天地の京都まで因縁がつづき、また掛け合いを見られてよかった。

●声優部門  豊崎愛生 『Re:CREATORS』『アリスと蔵六』

 軍服の姫君は怖かったが、樫村早苗はほんわかで、さすがの二重人格。

●歌手部門  Leola  (春奈るなは殿堂入りということで)

 明るい歌が持ち味なんだろうが、バラードも聴き応えがある。

●アナウンサー部門  中川絵美里 『Jリーグタイム』

 選手との高低差がすごい。

●スポーツ選手部門  石川直宏 (FC東京)

 今年はJ1出場1試合、ノーゴールではあるけど、思い出深い選手なので。

●がっかりチーム部門  FC東京

 あれだけ補強して、下から数えた方が早い順位。2年で監督4人。社長がやめろよ。

●新人部門  石見舞菜香 『URAHARA』『Re:CREATORS』

 久保ユリカがマナティと呼んでいたけど、調べてみたら独自ネーミング?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリープを使えなくなったパソコン

 エプソン・ダイレクトのパソコンST180Eで、Windows 10を使っているのですが、画面が全面縞模様になってしまって、使えなくなってしまいました。
 ディスプレイを古いのに接続してみたら、同じなので、本体の問題と判明。買ってまだ1年たってないのに。
 電源ボタンでシャットダウンする設定にしてあったのに、それも効かず。長押しで、強制的に電源を切り、しばらくして電源を入れたら、おっ、画面が出る。
 しかし、いたっんスリープして、復帰すると、同じ縞模様に。
 ディスプレイとの接続を、HDMIからDVI-Dに変えてみたり、わざわざ古いVGAケーブルを買ってきて、アナログでつなげても同じ。
 何度かいろいろやって、画面が映るときと映らないときがあり、結局バックアップを取って修理に出すしかないか。
 しかし、Windowsのバックアップは何度やってもエラーで失敗。NASのおまけのバックアップ・ソフトもうまく動かない。せめて、ユーザー・フォルダだけでも、NASにコピー。
 修理に出す方法を調べようと、エプソン・ダイレクトのサポートのページを見たら、なんと書いてありました。「スリープ状態から正常に復帰できない現象について」
 Windows 10のFall Creators Updateが原因らしい。しかし、対処法が、スリープを使うなって、おいおい。
 しかし、そこにたどり着くまでに、えらい時間を取られました。
 マイクロソフトを信用してはいけないと、改めて思ったけど、エプソンもかぁ。机と引き出しのすき間に入るサイズは、気に入ってたんだけどねえ。

St180es_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«NCIS シーズン4 第1話