冬のドラマ&アニメ(追加)

冬のドラマ:スリル!赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿、スリル!黒の章~弁護士・白井真之介の大災難

冬のアニメ:龍の歯医者、ピカイア!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NFL閉幕2016-17

 NFLの2016-17シーズンが終わったので、開幕時の予想と比べてみます。

NFC
東 レッドスキンズ 3位 →カウボーイズ
北 パッカーズ ○
南 パンサーズ 4位 →ファルコンズ
西 カーディナルス 2位 →シーホークス
WC バッカニアーズ 9勝 →ジャイアンツ
   イーグルス 7勝 →ライオンズ

 パッカーズしか当たらず、ボロボロでした。バッカニアーズは、ライオンズと同じ9勝なので、来年は期待できそうです。完全に裏切られたのがパンサーズで、やはりお調子者でした。カウボーイズの躍進が予想外だったのは、私だけじゃないよね。ちなみに、2015-16シーズンの予想と比べると、パンサーズ以外の3地区の優勝が当たっているんですど、意味ないよね。

AFC
東 ジェッツ 4位 →ペイトリオッツ
北 スティーラーズ ○
南 テキサンズ ○
西 チーフス ○
WC ベンガルズ 6勝 →ドルフィンズ
   レイダース ○

 こちらは3地区の優勝とワイルドカードが1つ当たったので、まずまずの出来です。ジェッツが大ハズレでしたが、フィッツパトリックを信じたのが間違いでした。ドルフィンズは、私が推すと来ないで、推さないと来ますね。

プレーオフ
 レイダースは怪我人で厳しい戦いでしたが、来年に期待します。あんなに強かったパッカーズとスティーラーズが、チャンピオンシップではイチコロだったのが残念です。

スーパーボウル
 最大のキープレイは、ファルコンズが8点差に迫られた後、敵陣25ヤードあたりまで進んでいたのに、ライアンが後ろへ逃げたあげくにサックされたとこだと思います。そのプレーの前に私が「後ろにだけは下がりたくないよね」と言ったのに、アメリカまでは届かず、投げ捨てられませんでしたね。MVPは、ホワイトだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬のドラマ&アニメ

冬のドラマ:嫌われる勇気、刑事フォイル、エレメンタリー3、BONES11、プリティ・リトル・ライアーズ5、殺人を無罪にする方法2、エージェント・オブ・シールド3、クイーン・メアリー

秋のアニメ:機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ、Rewrite、亜人ちゃんは語りたい、ガヴリールドロップアウト、小林さんちのメイドラゴン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんもないと賞 2016年

〈作品の部〉

●テレビ・アニメ部門  『ヘヴィーオブジェクト』 (BS11他)

 掛け合い漫才をしながら、人力で巨大兵器を倒してしまうところが楽しい。

●国内ドラマ部門  『神の舌を持つ男』 (TBS他)

 てっきりグルメ・ドラマだと思って、見逃してしまうところだった。タイトルで損してると思う。

●海外ドラマ部門  『スーパーガール』 (AXN)

 ヒロインのカーラはキュートで、お姉さんのアレックスが渋い魅力。

●ドキュメンタリー部門  『歴史秘話ヒストリア』 (NHK総合)

 4月からキャスターの井上あさひさんって、ナレーションでは低音が響くのに、ふつうに話すとかん高くなってしまうんですね。

●バラエティ部門  『中川翔子のマニアまにある』 (BS日テレ)

 2013年からやってるけど、名古屋から引っ越して「安田の歩き方」を見られなくなり、満を持して登場。

●映画部門  なし

 結局ひとつも見に行きませんでした。

●テレビCM部門  『ジャンボ宝くじ ジャンボリオン7億円』

 巨大ロボットが7億円というのは、わりと安いのではと思ったら、エンジンも武器もナビも別売りですか。

●アルバム部門  『恋愛小説2-若葉のころ』 原田知世

 同世代人にはなつかしい歌が、知世さんの歌声で蘇ります。

●シングル部門  『Ripple Effect』 春奈るな

 ツインテールのセーラーは、最強だよね。

●アニメ主題歌部門  『変わらない強さ』 井口裕香 「ヘヴィーオブジェクト」

 井口裕香さんは人柄が魅力と思っていたが、これはいい歌です。古代史好きには。


〈人の部〉

●主演女優部門  石原さとみ 『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』

 校閲という仕事をほとんど知らなかったけど、おもしろそうです。

●主演男優部門  伊藤英明 『僕のヤバイ妻』

 海猿とは一転して悪人ですが、妻の方が上手で、やはり汗かいてましたね。

●助演女優部門  相武紗季 『僕のヤバイ妻』

 サスペンスの女王に登り詰めるのではないでしょうか。

●助演男優部門  岸谷五朗 『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』

 とぼけたようで、実はスゴイ?、ショーン・コネリーと同じ名の校閲部長でした、

●声優部門  小松未可子 『スーパーガール』『ブブキ・ブランキ』

 ミレニアルのスーパーガール/カーラ・ダンバースに、はまり役でした。

●歌手部門  春奈るな

 過去にさかのぼって、手に入るCDは全部買ったのであった。

●リポーター部門  荒井沙織 『ジモネタ!ぐっと東上』

 J:COM東上エリアのローカル情報番組ですが、好みのタイプなんです。

●スポーツ選手部門  イチロー (マイアミ・マーリンズ)

 3000本安打のあと、ベンチの涙が忘れられません。

●がっかりチーム部門  カロライナ・パンサーズ (NFL)

 そこまでダメになるか。去年のチーム部門に挙げたのを取り消したいくらい。

●新人部門  小島瑠璃子 『コック警部の晩餐会』

 ずっと前から顔は見てるけど、ドラマは初らしいので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスを彼女たちと

 なつかしいのが出てきたので、同年代の人向けに書いておきます。
 2007年11月12日に編集した、その当時のベスト・クリスマス・ソング集です。
 74分のミニディスクに入っています。

1  allelujah  (奥井亜紀)
2  聖夜  (Fiction Junction YUUKA)
3  二人のWhite Christmas  (笠原弘子)
4  素敵な夜に ~In The Snow Land~  (笠原弘子)
5  early X'mas eveのテーマ  (加藤いづみ)
6  Holy Hold Me  (MISIA)
7  X'mas Smile  (谷村有美)
8  サンタをむかえに行く夜  (谷村有美)
9  特別な一日  (笠原弘子)
10  ずっとあなたを捜してた ~18番街の奇跡  (岩男潤子)
11  クリスマスなんて!  (高橋由美子)
12  遠い街のどこかで (中山美穂)
13  CHIRISTMAS SONG TO YOU (笠原弘子)
14  聖夜の天使たち  (獅堂光・龍崎海・鳳凰寺風)
15  あぁ、雪は降る -Merry X'mas '94-  (加藤いづみ)
16  おやすみFor My Lover ~Overture~  (笠原弘子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«秋のドラマ&アニメ