« 麺舎弘法はもうお終い? | トップページ | アテネで残念だったこと »

アッテンボローのSatoyama 映像詩里山

 NHK-BS2で日曜夜に放送された「アッテンボローのSatoyama 映像詩里山」を見ました。
 琵琶湖近くの田園地方の自然を紹介した、よくできた番組だと思いましたが、なんで日本の自然を、英語のナレーション+字幕スーパーで見なければならないのか? デービッド・アッテンボローさんが世界の自然を紹介した番組は、日本でいくつも放送されていますが、いずれも日本語吹き替えだったはずなのに。
 それに、最後のクレジットを見たら、アッテンボローさんはナレーションだけ。ディレクターもプロデューサーも撮影も、スタッフのほとんどは日本人の名前でした。
 「アッテンボローの」というタイトルに、ダマされたと思いました。

 あとでGoogleで検索してインターネットで調べたら、5年前に作られた日本製番組の、「英語版」だったらしいことがわかりました。
 もともとは、日本語ナレーションの番組だったのを、海外に日本の自然を紹介するにあたり、英語版ナレーターに、自然番組プロデューサーとして名の通ったアッテンボローさんを起用したということ。

 テレビの放送からは、そういうことが全然わからなかくて、映像が素晴らしかっただけに不満が残った、というのが、なんともなぁ…
 なかなか評判がよかったらしい日本語版の存在を知らなかった、私がいけないだけ?

|

« 麺舎弘法はもうお終い? | トップページ | アテネで残念だったこと »

コメント

私は地上波で放映されたオリジナル版しか見てませんけど…。

 元はハイビジョン用だったように記憶しています。NHKスペシャルで本放送の他再放送でも2度くらい見てます。狙ってた訳じゃないのですが、何故か巡りあわせまして。

 山根基世アナウンサーじゃなかったかな、オリジナル版のナレーションは。声で言えばK保J子(現フリー)以外のNHKアナウンサーは安心して聞けて良いです。アッテンボロー氏の肉声は聞いたことがありませんが、敢えてそっちを聞きたいとは思えません。どうしてもってのなら弘子様(バカ)。

投稿: Mn | 2004/08/28 01:09

 正直に言うと里山には特に興味がなかったので、タイトルが「山根基世のSatoyama 映像詩里山」だったら、たぶん見なかっただろうな、とも思えます。
 そういう意味では、アッテンボローさんに英語版ナレーションを依頼したのは、見る人を広めるためには、正しい作戦だったのでしょう。
 私の中では、「アッテンボローの…」というのは、良質の自然番組としての「ブランド」になっています。

 ついでに言えば、「久保純子の…」では見なかったと思いますが、「笠原弘子の…」なら見ていたでしょう。

投稿: ないとう | 2004/08/28 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15937/1273155

この記事へのトラックバック一覧です: アッテンボローのSatoyama 映像詩里山:

« 麺舎弘法はもうお終い? | トップページ | アテネで残念だったこと »