« 2010年の道路の出来事 | トップページ | 久留里・九十九里ドライブ »

2010年ドライブ10大ニュース

 今年もドライブ10大ニュースを選んでみました。やや地元の東京寄りですが。

1位)高速道路無料化社会実験 (6月)

 全国の高速道路の約2割が無料に。八王子バイパスと椎田道路で渋滞にはまりました。有料だけどすいてる道か、無料だけど渋滞してる道かの、選択肢がなくなってしまったようです。

2位)山手トンネル 延伸 (3月)

 首都高C2中央環状新宿線の西新宿JCT~大橋JCTが開通し、3号渋谷線に接続しました。「東京の流れを地下から変える」山手トンネルも、さすがに渋滞が多くなりましたね。

3位)第二京阪道路 全線開通 (3月)

 京滋バイパスと近畿道を連絡し、「この道が関西の流れを変える」そうです。高速道路かと思っていたら、別の有料道路という扱いで、別料金をとられてしまいました。

4位)広島高速 2号線開通 (4月)

 2号線が開通して、1号線と3号線を接続。ついでに3号線も西へ延伸。仲の悪い三兄弟のうち2人が、やっと手をつないだ感じです。

5位)地芳道路(R440) 全線開通 (11月)

 四国カルストの下を地芳トンネルで貫通。ボロい国道だっただけに、だいぶ通りやすくなったでしょうね。ドライブ的には、四国カルストを通りすぎてはいけませんが。

6位)上沼道(R253) 浦川原IC~安塚IC (3月)

 上越魚沼地域振興快速道路という、全線開通すれば北陸の流れを変えそうな道路の、はじめの一歩です。Yahoo地図GoogleマップMapionいつもNAVIに、いまだに載ってないくらい、ひっそりと部分開通。さすがにちず丸には入ってます。

7位)EXPASA グランドオープン (9~11月)

 NEXCO中日本のサービスエリアがグレードアップ。足柄上下、多賀下り、御在所上下の計5か所。行ったのは御在所下りだけですが、東日本のPasarのようなものですね。西日本は名前つけないのかな?
EXPASA御在所下り

8位)羽咋広域農道 石川県宝達志水町・山崎~散田 (7月)

 分断区間がつながったのが大きいですね。除雪費がもったいないから、開通したばかりなのに冬季閉鎖らしいですが。

9位)京築アグリライン 福岡県・豊前市馬場~築上町小原 (6月)

 これも分断区間がつながったのが大きいですね。トンネルにいろんなレリーフがついてるのが楽しめます。

10位)八王子南バイパス(R20) 町田街道~八王子南IC予定地 (7月)

 西端部だけの開通ですが、観光客の群がる高尾山口の渋滞を避けられます。圏央道と同時期に開通予定だったのですが、あちらは天狗の反対で遅れているようで。

|

« 2010年の道路の出来事 | トップページ | 久留里・九十九里ドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15937/50452275

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年ドライブ10大ニュース:

« 2010年の道路の出来事 | トップページ | 久留里・九十九里ドライブ »