« NFL開幕2014 | トップページ | 冬のドラマ&アニメ »

あんもないと賞 2014年

 1年間で最も気に入ったものをあらためて確認したもので、以前、別サイトで書いていたものの復刻版です。

〈作品の部〉

●テレビ・アニメ部門  『アルドノア・ゼロ』(BS11他)

 王女様の偽装暗殺失敗という凝った立ち上がりと、主人公のクールさが印象的。

●国内ドラマ部門  『ペテロの葬列』(TBS系)

 単なる犯人捜しやトリック解明ではなく、つづきの気になり方が半端なかった。

●海外ドラマ部門  『ワンス・アポン・ア・タイム』(NHK BSプレミアム)

 複雑な構成なのだけど、最初にもこみちが説明してくれたのが、わかりやすかった。

●ドキュメンタリー部門  『英雄たちの選択』(NHK BSプレミアム)

 いろいろな専門分野からの分析という取り上げ方が、古い歴史に新しい光を当てている。

●バラエティ部門  『安田の歩き方』(CBC)

 東海ローカルですが、安田さんとさりちゃんとパンサーは、もう友達気分。

●映画部門  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

 ストーリーが複雑で、ついていくのが大変だったけど、よく練られていたと思う。

●テレビCM部門  『モンスターストライク カーリング篇』

 ゲームはやってないけど、CMは笑えた。

●アルバム部門  『Purest Blue』 Trident

 『蒼き鋼のアルペジオ』のキャラソンですが、海上自衛隊全面協力のミュージック・ビデオが見事。

●シングル部門  『ZERO / Endless NOVA』 小林竜之 / AG7

 2曲目が全日本アニソン・グランプリ歴代優勝者7人による豪華ユニットで、HIMEKAさんも登場しているのがうれしい。

●アニメ主題歌部門  『シドニア』 angela「シドニアの騎士」

 富野由悠季は1stガンダムを、宮崎駿はナウシカを越えられなかったが、angelaはファフナーを越えた。

●ドラマ主題歌部門  『Once Upon a Time -キボウノウタ-』 中川翔子「ワンス・アポン・ア・タイム」

 2ndシーズンに歌がつづかなかったということは、人気なかった?

●アニメBGM部門  『アルドノア・ゼロ』 澤野弘之

 久しぶりにサントラCDを買ったよ。

●口癖部門  『元気、砲撃、完全無敵』他 アイ「キャプテン・アース」

 砲丸投げの加藤由希子さんに「元気、投擲、完全無敵」を捧げたい。

〈人の部〉

●主演女優部門  武井咲 『戦力外捜査官』『すべてがFになる』

 「さき」という名前だとずっと思っていた。

●主演男優部門  小泉孝太郎 『ペテロの葬列』

 ほかの人では考えられない、はまり役という印象。

●助演女優部門  長谷川京子 『ペテロの葬列』

 絶対に怪しいと思っていたが。

●助演男優部門  関根勤 『戦力外捜査官』

 異論はあろうが、インパクトが最強だった。

●声優部門  内田真礼 『中二病でも恋がしたい!戀』『白銀の意思 アルジェヴォルン』『俺、ツインテールになります。』

 歌も含めて、いろいろ活躍していました。

●歌手部門  なし

 世間的にはMay J.かも。個人的にはKalafinaだけど、もはや定番なので。

●アナウンサー部門  深津瑠美『ワールドスポーツMLB』(NHK BS1)

 美人は三日で飽きるを実感したが、好みのタイプの顔です。

●スポーツ選手部門  J.J.ワット 「ヒューストン・テキサンズ」(NFL)

 攻守にわたって、猛威を振るっています。

●チーム部門  カンザスシティ・ロイヤルズ(MLB)

 ワイルドカードからワールドシリーズへ、怒濤の快進撃。青木も活躍した。

●新人部門  清水富美加 『ペテロの葬列』

 大人になりきれてない感じが、役どころと合っていたのかも。

|

« NFL開幕2014 | トップページ | 冬のドラマ&アニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15937/60908939

この記事へのトラックバック一覧です: あんもないと賞 2014年:

« NFL開幕2014 | トップページ | 冬のドラマ&アニメ »