« 秋のドラマ&アニメ | トップページ | 冬のドラマ&アニメ »

あんもないと賞 2015年

 1年間で最も気に入ったものを、あらためて確認したものです。

〈作品の部〉

●テレビ・アニメ部門  『シドニアの騎士 第九惑星戦役』(CBC他)

 これを見ると、掌位をやってみたくなりますよね。

●国内ドラマ部門  『アイアングランマ』(NHK BSプレミアム)

 ソルト&シュガーと呼ばれた元特殊工作員のおばあちゃん達の、元気な姿が楽しい。

●海外ドラマ部門  『HELIX -黒い遺伝子-1・2』(Dlife)

 凶暴化するウィルス感染が広がるという怖い話なんだけど、サラ・ジョーダンが癒やし。

●ドキュメンタリー部門  『生命大躍進』(NHK総合)

 古代生物が大活躍なのがうれしい。もっと作ってほしかった。

●バラエティ部門  『#やすだの歩き方』(CBC)

 ショッピングモール好きなので、特番「ショッピングモールの歩き方」を見逃してしまったのが、この1年で最大の残念事項。

●映画部門  『ギャラクシー街道』

 軽いスペース・コメディなのだけど、宇宙人の造形がすごい。

●テレビCM部門  『凛デレ』 ハーゲンダッツ

 アイスをほとんど食べない私に、買わせた力はたいしたもの。

●アルバム部門  『Candy Lips』 春奈るな

 1曲目のインストの最後に「Candy Lips はじまるよ」という台詞が入り、「君色シグナル」が始まるという構成が見事。

●シングル部門  『ドリドリ』 中川翔子

 ポケモンは見ていませんが、ドリドリと腕が回る、楽しい歌です。

●アニメ主題歌部門  『君色シグナル』 春奈るな「冴えない彼女の育てかた」

 これから始まる本編を、これほど盛り上げてくれるオープニングもめずらしい。


〈人の部〉

●主演女優部門  新垣結衣 『掟上今日子の備忘録』

 変わり者探偵かと思ったら、けっこうチャーミングな探偵になっていた。

●主演男優部門  東山紀之 『○○妻』『刑事7人』

 一見しっかりしているが、実は情けないのか、一見情けないが、実はしっかりしているのか。

●助演女優部門  吉田羊 『ドS刑事』

 この課長がいてこそ、Sのヒロインが生きるのでしょうね。

●助演男優部門  加藤晴彦 『アイアングランマ』

 かっての上司が、今では言うこと聞かない部下という、かわいそうな役が似合う。

●声優部門  雨宮天 『アルドノア・ゼロ』『パンチライン』『クラスルーム・クライシス』

 火星のプリンセスに、正義の味方のアイドルに、女子高生のパイロットと、どれもはまっている。

●歌手部門  春奈るな

 ポニーテールとツインテールが両方とも似合う女の子は、最強だよね。

●アナウンサー部門  黒崎瞳 『ほっとイブニング』(NHK名古屋)

 スタジオよりもロケの姿が、素が出ていて可愛いなと思いはじめたら、交替でいなくなってしまった。

●スポーツ選手部門  武藤嘉紀 「元FC東京」

 半年しかいなかった武藤が、チーム内年間最多ゴールでは、抜けたダメージ大きいよなぁ。

●スポーツ応援部門  相武紗季 「NFL倶楽部」(日本テレビ他)

 スーパーボウルに行けると聞いて、すごく嬉しそうでした。

●チーム部門  カロライナ・パンサーズ(NFL)

 お調子者のクォーターバックと、ちょいワルオヤジなヘッドコーチで、まさかの開幕14連勝。

●新人部門  佐々木恵梨 「Ring of Fortune」

 京大出らしくないけど、そこがいいのか。

|

« 秋のドラマ&アニメ | トップページ | 冬のドラマ&アニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15937/62980780

この記事へのトラックバック一覧です: あんもないと賞 2015年:

« 秋のドラマ&アニメ | トップページ | 冬のドラマ&アニメ »