« 冬のドラマ&アニメ | トップページ | 揖斐川・池田ドライブ »

NFL閉幕2015-16

 NFLの2015-16シーズンが終わったので、開幕時の予想と比べてみます。

NFC
東 カウボーイズ→レッドスキンズ
北 パッカーズ→バイキングス
南 パンサーズ ○
西 シーホークス→カーディナルス
WC カーディナルス、イーグルス→パッカーズ、シーホークス

 地区優勝が当たったのはパンサーズだけでしたが、「再び負け越しプレイオフかも」とは、失礼な予想でした。
 パッカーズとシーホークスも、ワイルドカードでは出ていますし、カーディナルスもワイルドカードには挙げていたので、プレイオフ出場という点では、4勝2敗でした。
 カウボーイズがNFC最下位と大ハズレでしたが、トニー・ロモとデズ・ブライアントが怪我でしたからね。
 イーグルスは、7勝あげて地区2位ながらヘッドコーチ解任で、やはり時間を使うべきときは使わないと。

AFC
東 ペイトリオッツ ○
北 スティーラーズ→ベンガルズ
南 コルツ→テキサンズ
西 ブロンコス ○
WC チャージャーズ、ドルフィンズ→チーフス、スティーラーズ

 ワイルドカードが大ハズレで、プレーオフ出場という点では3勝3敗と、いまひとつでした。
 ドルフィンズは、序盤から期待はずれで、いの一番にヘッドコーチ解任。
 チャージャーズは、ランニングバックがトップレシーバーでは、頭が痛いです。
 クォーターバックが定まらないテキサンズが地区優勝とは、驚きでした。プレーオフ初戦で、シャットアウト負けでしたが。
 ベンガルズは、相変わらずプレーオフで勝てませんね。しかも反則で自滅負け。

スーパーボウル
 ペイトン・マニングのブロンコスが優勝と、最高の形で終わりました。キャム・ニュートンには、またチャンスがあると思います。投げてよし、走ってよし、おちゃらけてよしですから。

 来シーズンは、若手が育っているレイダースが楽しみなチームだと思っています。

|

« 冬のドラマ&アニメ | トップページ | 揖斐川・池田ドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15937/63210776

この記事へのトラックバック一覧です: NFL閉幕2015-16:

« 冬のドラマ&アニメ | トップページ | 揖斐川・池田ドライブ »