« スリープを使えなくなったパソコン | トップページ

あんもないと賞 2017年

〈作品の部〉

●テレビ・アニメ部門  『ナイツ&マジック』 (TOKYO MX)

 けっこう正統派のファンタジー・ロボットアニメで、やっぱり男のロマンです。

●国内ドラマ部門  『貴族探偵』 (フジテレビ)

 結局、執事&メイド&運転手探偵なわけで、主人公いらないよね。

●海外ドラマ部門  『スコーピオン シーズン3』 (スーパー!ドラマTV)

 今見ていて一番楽しいドラマ。チームに入りたいとは思わないけど。

●ドキュメンタリー部門  『ジオ・ジャパン』 (NHK総合)

 当たるは端だが役に立つ、で日本列島が形作られていったそう。

●バラエティ部門  『ヒストリーズ・ジャパン』 (テレ玉)

 歴史と漫才を融合させた変わり種。こんなのよく作った。

●音楽番組部門  『Anison Days』 (BS11)

 森口博子と酒井ミキオというキャスティングが大当たり。

●歌詞字幕部門  『アニ☆ステ』 (TOKYO MX)

 スタジオLIVEのコーナーで表示される歌詞の字幕が芸術的。

●テレビCM部門  『アキラは横ナシ LiSAは横アリ』

 今年一番のインパクト。LiSAは怖いものなし。

●アルバム部門  『LUNARIUM』 春奈るな

 サイン&宛名入りポスターが当たっちゃったし。

●シングル部門  『ステラブリーズ』 春奈るな

 冴えない彼女の育てかた♭のオープニングも、ミュージックビデオもよい。

●アニメ主題歌部門  『Tiny Tiny』 村川梨衣 「フレームアームズ・ガール」

 あれだけ何度も聞かされれば、耳にインプリントされるよ。

●エンディング・テーマ曲部門 『The way』 Leola 「ワールドスポーツMLB」

 毎日聞いていたら、いつのまにか口ずさんでいた。

〈人の部〉

●主演女優部門  小松菜奈 『スリル!赤の章~警視庁庶務係ヒトミの事件簿』

 なかなかいない魅力の女刑事だった。正確には、庶務係探偵か。

●主演男優部門  ディーン・フジオカ 『今からあなたを脅迫します』

 一見冷たそうだが、ほんとは悪い人じゃない感がうまく出ていた。

●助演女優部門  小芝風花 『マッサージ探偵ジョー』

 ツインテールが可愛いかった。

●助演男優部門  甲本雅裕 『遺留捜査』

 新天地の京都まで因縁がつづき、また掛け合いを見られてよかった。

●声優部門  豊崎愛生 『Re:CREATORS』『アリスと蔵六』

 軍服の姫君は怖かったが、樫村早苗はほんわかで、さすがの二重人格。

●歌手部門  Leola  (春奈るなは殿堂入りということで)

 明るい歌が持ち味なんだろうが、バラードも聴き応えがある。

●アナウンサー部門  中川絵美里 『Jリーグタイム』

 選手との高低差がすごい。

●スポーツ選手部門  石川直宏 (FC東京)

 今年はJ1出場1試合、ノーゴールではあるけど、思い出深い選手なので。

●がっかりチーム部門  FC東京

 あれだけ補強して、下から数えた方が早い順位。2年で監督4人。社長がやめろよ。

●新人部門  石見舞菜香 『URAHARA』『Re:CREATORS』

 久保ユリカがマナティと呼んでいたけど、調べてみたら独自ネーミング?

|

« スリープを使えなくなったパソコン | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15937/66225905

この記事へのトラックバック一覧です: あんもないと賞 2017年:

« スリープを使えなくなったパソコン | トップページ