« 2018年11月 | トップページ

あんもないと賞 2018年

〈作品の部〉

●テレビ・アニメ部門  『重神機パンドーラ』 (TOKYO MX)

 あんなにバラバラだったのに、いいチームになっていくのが嬉しい。

●国内ドラマ部門  『捜査会議はリビングで!』 (NHK BSプレミアム)

 最高にほのぼのと見ることのできる、ミステリー・ドラマだった。続編希望。

●海外ドラマ部門  『ブラックリスト2・3』 (Dlife)

 出遅れてるけど、シーズン2の終わりから3の初めへの展開がスリリングだった。

●ドキュメンタリー部門  『これが恐竜王国ニッポンだ!』 (NHK BSプレミアム)

 日本は恐竜貧国だと思っていたので、王国だったとは驚き。

●バラエティ部門  『探検バクモン』 (NHK総合)

 いろんな所に特別に入ることができていいなぁ。

●音楽番組部門  『Anison Days』 (BS11)

 2年目でネタに詰まってくるかと思ったら、ますますパワーアップして、フェスまで。

●インテリア番組部門  『インテリア日和』 (テレビ東京)

 ニトリの番組だけど、けっこう感心する模様替え。

●テレビCM部門  『Find my Tokyo』 東京メトロ

 石原さとみさんが街歩きする30分の番組にしてもらいたい。

●アルバム部門  『Sky』 今井美樹

 これはもう、今井美樹の空気感で満たされた、癒やしの一品。

●シングル部門  『UNION』 OxT

 グリッドマンの主題歌。歌詞の字余り感が、おしゃべりオーイシ君らしい。

●アニメ主題歌部門  『シリウス』  BUMP OF CHICKEN 「重神機パンドーラ」

 戦闘シーンでかかると盛り上がるというのは、やはり主題歌の王道。

●新バージョン歌部門  『Overfly -orchestra ver.-』 春奈るな

 ベストアルバムに収録されているバージョンで、大人になった感。

●書籍部門  『リアルサイズ古生物図鑑 古生代編』 土屋健

 昔の生物が今生きていたら、というのがわかりやすくて楽しい。

●橋梁部門  『グランデッツァ大鉄橋』 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

 フォース鉄道橋をさらにスケールアップしたような、さすが京アニのデザイン力。

〈人の部〉

●主演女優部門  栗山千明 『サイレント・ヴォイス』『遺留捜査5』『FINAL CUT』『銀河鉄道999 Galaxy Live Drama』

 女刑事、美術館の学芸員に加えて、なんとメーテルまで、主役張ってた。

●主演男優部門  滝藤賢一 『探偵が早すぎる』

 あの超個性派探偵は、彼にしかできない。

●助演女優部門  鷲尾真知子 『捜査会議はリビングで!』

 あのミステリーマニアに追求されるのだけは、怖すぎる。

●助演男優部門  小手伸也 『コンフィデンスマンJP』

 ちょい役かと思ったら、ちょこちょこ出てきて、なぜか気になる存在感。

●声優部門  花澤香菜 『レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~』『宇宙よりも遠い場所』『重神機パンドーラ』『BEATLESS』

 私が見た中だけでも、探偵、女子高生、パイロット、課長と大活躍だった。

●歌手部門  森口博子 『Anison Days』

 鮎川麻弥と「星空のBelieve」、堀江美都子と「あしたがすき」、森川美穂と「ブルーウォーター」をコラボと、夢のよう。

●アナウンサー部門  井上あさひ 『歴史秘話ヒストリア』『ニュース7』

 今さらだけど、みんなのあさひさんなので、抜け駆けはやめましょう。

●スポーツ選手部門  大谷翔平 (ロサンゼルス・エンゼルス)

 どこまでやってくれるのか、ワクワク感がビビッドだった。

●スポーツ・チーム部門  ロコ・ソラーレ (カーリング)

 ピョンチャン・オリンピックでの銅メダルは、よくやりましたねー。

●学者部門  千田嘉博 『英雄たちの選択』『歴史秘話ヒストリア』他

 お城に詳しい博士というより、お城大好き博士として、存在感がありすぎ。

●新人部門  岩田絵里奈 『NFL倶楽部』

 あぶなっかしい新人の担当が多いのに、彼女はよくなじんでる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ